歯の黄ばみの原因の種類について

歯の黄ばみの原因の種類について

ステインという言葉を知っているでしょうか?「ステイン」とは、お食事に含まれているポリフェノールなどが唾液の中のたんぱく質と結び付いた汚れた状態のことです。

一般的にいって、みなさんが予想する「黄色い汚れ」はここの部分に該当します。濃い色の食べ物(カレー、キムチetc.)やドリンク(コーヒー、紅茶、緑茶 etc.)を摂取すると、特にステインは付きやすくなります。このような飲食が多いケースではや、アルコールの摂り入れなどにより歯の表面が乾ききっていたりすると「ステイン」が増加しやすい環境になります。また、たばこの「ヤニ」は、ステインよりも固着力が高くて、ますます歯を黄ばませる作用があるので気をつける必要があります。 なぜ「ステイン」や「ヤニ」がただの汚れた状態で終わらずに、歯の黄ばみが発生する原因になるのかというと、表面に付着し留まっていたステインは、時間が経過すると歯の表面を覆うエナメル質の中まで染み渡ってしまうからです。洋服につけたカレーや醤油のシミが、時間が経つにつれキレイにしにくくなるのと同じ考え方だと言えばわかりやすいではないでしょうか。ステイン、ヤニを落とすにはホワイトニング剤の利用が有効です。中でもパールクチュールが評判です。パールクチュール 白くならないなどの評判もありますが、そんなことはありません。