無臭とほのかに香る時は、場所で仕分ける

無臭とほのかに香る時は、場所で仕分ける

人としての常識は、生きていく上で必要なことだと思います。そのうちの1つが「匂い」です。相手に不快感を感じさせないように気を付けていることを記したいと思います。
まず、無臭の状態でいる時は、食事をする時です。外食の際、自宅に伺う際やお花見などお弁当や屋体など、食べ物を口にする時など、シーンは様々です。

外であれば風が吹いていますが、室内であれば空気がこもりますし、香水の匂いなどは他人への配慮が必要だと思います。
特にきつい香りのものは、食事の香りを消してしまいます。せっかくの美味しい料理を台無しにしてしまいます。
まわりのお客様にも迷惑ですし、自分自身の常識が問われてしまうので、誰も特をしませんよね。

香りを楽しみたい気持ちは、悪いことではありませんが。香りが邪魔をしない事が大切だと思います。
狭い場所、例えばエレベーターや満員電車など、人と密着することが想定される場所では、ほのかに香る程度が望ましいと思います。
人によっては、アレルギーをもっていたりしますし、匂いに敏感で気持ち悪くなってしまう人もいます。

ですので、無臭で出掛ける時、ほのかに香る程度に香りをつける時を仕分けるのは、とてま大切なことなので念頭に置くようにしています。